Planes of Fame Air Museum 2

日本海軍 局地戦闘機 雷電

P9200040.jpg

局地戦闘機 雷電

P9200107.jpg

局地戦闘機 雷電

P9200108.jpg

局地戦闘機 雷電

日本海軍 99式艦上爆撃機 & 特別攻撃機 桜花

P9200102.jpg

99式艦上爆撃機

急降下爆撃機

P9200103.jpg

99式艦上爆撃機

向こうの空中に桜花ロケット攻撃機の展示が見える

IMG_0312.jpg

99式艦上爆撃機

向こうの空中に桜花ロケット攻撃機の展示が見える

日本海軍局地戦闘機 秋水

P9200042.jpg

秋水

日本初のロケット機?

P9200101.jpg

秋水

IMG_0311.jpg

秋水

IMG_0310.jpg

秋水

戦後、日本軍機の技術調査をすべく試作機のうち横須賀に置かれていた2機がアメリカ軍によって接収された。1機目(第403号機)は「FE-300/T2-300」の番号をつけられ、護衛空母「バーンズ」によって本国に輸送された。現在はカリフォルニア州チノのプレーンズ・オブ・フェイム航空博物館に、同じく海軍の局地戦闘機である雷電と共に展示されている。2機目(第81号機)はイリノイ州のグレンビュー海軍基地に送られたが、調査の後スクラップにされている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/秋水

日本海軍 艦上爆撃機 彗星

P9200104.jpg

彗星艦上爆撃機

P9200041.jpg

彗星艦上爆撃機

同博物館で保管されていた残骸が2013年には自走可能状態まで復元されている。但し、エンジンはオリジナルではなく空冷のプラット・アンド・ホイットニー R-1830エンジンに換装されているため、三三型か四三型のような外見になっている。同博物館のWebサイトでは「D4Y3 Model 43」と紹介されており、三三型、四三型いずれを想定して復元しているものか判断がつかない。また、着艦フックも装備している[14]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/彗星_(航空機)

日本海軍 97艦上攻撃機?

P9200182.jpg

これは不明です 2座の飛行機レストア中です おそらく97艦攻

P9200183.jpg

これは不明です 2座の飛行機 後部です

97艦攻だったか 零式三座水偵だったか すっかり忘れてしまいました
皆さんのご意見 教えてください

2018/10/01 S.Takamituさんから 解答を戴きました
これは九九艦爆です。カナダのボブ・ディマート氏がバラレ当から数機の零戦と友に回収した機体で貴重な実機です。
零戦と共に一時B-25のエンジンを積んでフライアブルにしていましたが、PFOに引き取られた後再レストアをしているようですが、なかなか進展していないようですね。零戦のほうはその後 南部空軍、海軍航空博物館に引き取られ 南部空軍のゼロ戦はR1830に積み替えて再飛行していましたが、ハワイの太平洋航空博物館に売却されました。 ちなみに九七艦攻は三座です。


LinkIconmail